大切な製品に清潔と安全を。抗菌印刷とエアクリーンペーパー

こんにちは。台東企画研究所です。


新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、私たちをとりまく暮らしと生活の在り方は一変しました。 そうした中で、日常における「清潔」や「安全」に対する意識は以前とは比べものにならないほど高まってきております。今回は、そんな安全への配慮をカタチにする「抗菌印刷」と「エアクリーンペーパー」のご紹介です。


■抗菌印刷 


「抗菌印刷」は、印刷物の表面に、抗菌剤の入ったニスをコーティングして抗菌効果を付与するものです。防カビや防臭にも威力を発揮し、食中毒の原因菌である大腸菌や黄色ブドウ球菌などを無加工品と比較した場合、菌の増殖を99%以上抑制することができます。


抗菌印刷自体は、コロナ以前からもともと存在していた印刷技術で、診療所の診察カードやお薬手帳など、医療・医薬品関係の分野から、メニューやランチョンマットといった食品・飲食関連分野を中心に活用されてきました。それがコロナ禍の今、再度注目を集め、業種や業界を問わず活用される事例が増えてきました。


例えば雑誌の表紙、書籍カバーや絵本などの出版関係の製品から、パンフレットやポスター、名刺やクリアファイルに至るまで、日用品から販促ツールにも活用されるようになってきています。


 私共には今、最近では日常に欠かすことのできなくなってきた「マスクケース」に抗菌印刷を施した製品のご相談が増えています。


もちろん、印刷工程で施す加工なので、オリジナルデザインでの制作が可能です。 この機会に、会社案内や製品パンフレットを抗菌印刷に切り替えてみてはいかがでしょうか。




抗菌印刷で制作した印刷物には、抗菌性・安全性を証明する「SIAAマーク」を掲示することができます。



※抗菌とは製品の表面上における細菌の増殖を抑制すること。細菌を一時的に死滅・除去する殺菌・除菌とは区別されます。



■エアクリーンペーパー 



「エアクリーンペーパー」は、アセトアルデヒド、アンモニア、硫化水素など、人体に影響を与える臭気成分や物質を「光触媒」の効果で分解してくれる用紙です。



光触媒として非常に優れた酸化チタンを印刷用紙に混ぜることで、太陽や蛍光灯などの光により、その表面で強力な酸化力が生まれ、表面および周囲の有機化合物や細菌などの有害物質を分解してくれるため、消臭・抗菌に効果を発揮するという仕組みです。



「エアクリーンペーパー」で作ったポスターやカレンダーを室内の壁にかけておくことで、室内の空気の清浄が期待できます。この用紙を使って、ソーシャルディスタンスの確保や手洗い、消毒を促すポスターに活用したいとのご相談が増えています。


他にも、ポストカードにして卓上に飾ったり、ホテルや旅館などの宿泊施設や、ペットを飼われている一般住宅などで活用されています。


※光触媒の効果は、有機物、有機化合物において作用することが認められていますが、新型コロナウイルスをはじめとしたウイルス全般に対しての効果は保証されていません。


いかがでしたか? 今この社会では、マスクの着用や手指のアルコール消毒があっという間に「ニューノーマル」の一部として生活に溶け込んでいきました。そういった変化の根本には、自分や身近な人、それをとりまく社会全体が安心して過ごせるようにという思いや願いがあります。今回紹介した技術や製品を通じて、みなさんが心から安心して笑顔で過ごせる空間や社会を形作る一助となれるようなアイデアをご提供できれば幸いです。ぜひお問い合わせください。