カンタン中綴じ!~身の回りの文具ですぐできます~

こんにちは。#こちら台東企画研究所 O澤です。


「中トジしなきゃ!あっ道具がない!」という事よくありませんか?

普通は無いですが、印刷会社の我々はたまにあります。

そんな時、身の回りの文具ですぐできる、簡単な中綴じ方法をご紹介します。

中綴じ製本可能なホッチキスや、どこからでもとめられるホッチキス、などの文具もありますが、持っていない人も多いのではないでしょうか。実は手持ち道具で簡単にできるんです。

ググれば同様のご紹介は他にもあるので今更感はありますが、社内でも意外に知らない人が多いので改めて書いてみました。


まず用意する道具は。

パカっと開くホッチキスと消しゴム。

以上です。


消しゴムではなく、段ボール等でもOKです。ただ身の回りに段ボールが無い時もあるので、確実に持っている消しゴムが個人的にはオススメ。

ホッチキスはパカっと開けないタイプは無理です。何度かチャレンジしてみましたが無理なものは無理でした。

パカっ。水平まで開くホッチキスでお願いします。



さあ実践してみましょう。

本の背表紙側を上にして、ホッチキスを打ちたい箇所の下に消しゴムを置きます。

開いたホッチキスで、打つ!

そーっと打つと針や位置が曲がるだけなので思い切りよくドカンと。

むぎゅ。消しゴムごとぶっささります。

ホッチキスがささった消しゴムを取り外し、

内側の針を折り曲げて完成~。とっても簡単。


消しゴムもあまり被害はありません。(とは言えとっても大事な消しゴムや、人の消しゴムを使うのはやめましょう)

なかなか地味な作業ですが仕上がりは結構きれいです。ちゃんとした本みたい!


お客様に中綴じで冊子を提出するときや、在宅で時間もあるしご自宅でちょっと本を作りたいとき…(あるでしょうか)などに役立てば嬉しいです。

手作りノートなどにも、中綴じが最適ですね。ご希望があれば中綴じ冊子のページ順作り方もご紹介します!


たまーーに必要になる程度ですが知っていると少し便利!たぶん!なマメ知識でした。


O澤