「虫展 –デザインのお手本-」に行ってきました!

こんにちは。#こちら台東企画研究所の髙橋です。

今年の夏、我が家では初めてカブトムシを飼い始めたのをきっかけに、各地で開催されている虫展に行きました。

その中でも、東京ミッドタウンで開催されている21_21 DESIGN SIGHT企画展「虫展 –デザインのお手本-」をご紹介します。

*虫嫌いの方は閲覧注意でお願いします!


こちら展覧会ディレクターにはグラフィックデザイナーの佐藤 卓さん、企画監修には虫好きとしても知られる解剖学者の養老孟司さんを迎えての展示となっております。


会場入口では、この巨大な700倍に拡大した「シロモンクモゾウムシ」の脚がお出迎えしてくれます。もし昆虫たちがこのサイズになったらひとたまりもありませんね!



こちらは世界の昆虫の標本と3Dプリンティングで作られた「スケルトンカブトムシ」です。カブトムシの体内は筋肉が詰まっているそうです。


こちらは虫の模様を万華鏡のように見れるものです。綺麗か気持ち悪いか、昆虫によって様々な模様があり面白いです。



漢字パネルがたくさん並んだこちらの展示は「虫漢字のかんじ」です。

気になる漢字を指で押すと読み方が出てきます。



会場には昆虫のまめ知識がいたるところにあるので、その説明文を読みながらゆっくり進みます。


映像展示のギャラリーでは、「昆虫ミュージックビデオ」が見れます。

説明文には「昆虫たちの世界を浴びるように体験できる・・・」と書いてありますが、迫力があり過ぎて虫好きな子供も怖がっていました。


展示を見た後のお楽しみはグッズ販売ですよね。グッズの中で一番気になったものがこちら。ゴキブリのバッジです。購入して着けたら、どん引きされると思い購入しませんでした。


今回ご紹介した以外にもたくさんの展示があります。私は昆虫好きではありませんが、展示を見ていて気持ち悪いという感情は全くなく、むしろ綺麗だなと感じました。昆虫好きの方、大嫌いな方以外は楽しい展示会になっておりますので是非足をお運びください。