プライバシーをしっかり守る!個人情報保護シール「Shieldし~る」

こんにちは。#こちら台東企画研究所です。


朝晩の冷え込みが日に日に厳しさを増していますが体調には気をつけください。



今回は個人情報保護に役立つ、目隠しシールの「Shieldし~る」を紹介します。


健康診断結果や公共料金、税金など個人情報を含んだ圧着ハガキで通知業務を行ったり、雑誌などについているアンケートや懸賞などの各種お申し込みハガキで個人情報を取り扱う機会がありますが、個人情報の流出や漏洩を防ぐため、セキュリティ対策は万全でしょうか。



個人情報の取り扱いには細心の注意が必要です。少しでも不安があれば、当社で開発した個人情報保護を目的とした目隠しシール「Shieldし~る」をご活用ください。


ハガキと一体化した「Shieldし~る」



従来ある目隠しシールはハガキとは別になっており、貼る位置が分かりづらかったり、ずれて貼ってしまったりと手間がかかっていました。これではセキュリティを保持できません。



「Shieldし~る」はハガキと一体になっていて、シール台紙をはがして、貼るだけなので貼る位置も気にせずハガキを投函する方の手間も省けます。



もちろん、貼りつけたシールには光などで透けないよう“シークレット地紋”という幾何学模様によって中の文字が見えない工夫を施しています。



細かな模様が“シークレット地紋”です

“シークレット地紋”によって、光に当てても中が透けません!



また、一旦シールをはがしてしまうと再度貼りなおすことができないので、開封されたかどうかの判別もでるという仕掛けになっています。



「Shieldし~る」を貼った部分をはがすと

シールの糊が記入面に移り、貼り直しができません



■“シークレット地紋”の活用例

近くで見ると“シークレット地紋”が施されています!



“シークレット地紋”を活用したクリアファイルで「カクセルファイル」というものがあります。「カクセルファイル」は表面に“シークレット地紋”を施すことにより、中に入れた書類の内容を見えなくして、第三者の目から書類の情報をしっかりと守ってくれます。製品サンプルはダルメシアンの柄になっていますが、オリジナルデザインで作成することができますので、興味がある方はぜひお問い合わせください。



「Shieldし~る」と“シークレット地紋”を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。お客様へ送るハガキ、送ってもらうハガキそれぞれにセキュリティ対策がしてあると、個人情報を守るという強い意志が伝わり、お客様の安心感につながります。


今一度、自社で使っているハガキを見直して、個人情報をしっかりと守ってくれる「Shieldし~る」にアップデートしてみませんか。


daiichiprinting-tokyo

第一印刷所東京本部から、オフィシャルサービスの情報をお伝えします。