刺繍界のユニバーサルデザイン?「き/ざ/む 紙刺繍カード」

こんにちは。#こちら台東企画研究所です。

先日の販促EXPOでたいへん反響の大きかった「き/ざ/む 紙刺繍カード」を紹介します。



紙刺繍―――

人によってはあまり聞きなれない言葉かもしれません。

刺繍というと布生地に針と刺繍糸で縫っていくのが一般的ですが、紙製のカードに穴をあけて刺繍をしていくのが紙刺繍です。昔はヨーロッパで刺繍付きのポストカードが流行したとかしないとか・・・

紙刺繍は、本格的な刺繍への取り組みよりハードルを下げて、気軽に簡単に素敵な刺繍を施したカードを作ることができます。お部屋のインテリアや、メッセージカードとして、温かなぬくもりを感じさせます。


紙刺繍の通常の工程を簡単に記しますと、

① 刺繍をしたい紙に下書き

② 下書きに沿って刺繍をする箇所に穴あけ

③ あけた穴に刺繍糸を通して縫っていく

という順番になります。

今回ご用意した「き/ざ/む 紙刺繍カード」は、さらにお手軽に取り組んでもらうために、「①下書き」「②穴あけ」の工程を省いて、「③刺繍」のみができるよう、あらかじめデザインと刺繍用穴が用意されています。

下書きは、絵に自信のない人には取り組みにくいものですし、穴あけは面倒。さらに完成形を想定して穴をあけるのは勇気がいります。
そんな皆さんの心のハードルを下げる、刺繍界のユニバーサルデザイン・・・それが「き/ざ/む 紙刺繍カード」です。(言い過ぎ?)



今回の「き/ざ/む 紙刺繍カード」は、メッセージカードを想定してラインナップしました。

大切な人へ特別な日に送る、心のこもったメッセージカードとして考えました。

そして、簡単なのに手間がかかったように見える・・・これも重要ポイントです!

ここで注意事項ですが、この「き/ざ/む 紙刺繍カード」は、刺繍を完成した状態で販売しておりませんので、ご容赦ください。




カードのデザインや形は、他の「き/ざ/む」シリーズと同様、レーザーによる切り抜き加工で実現していますので、実はいろいろな形に変更可能です。

カードの各辺の丸いジグザグもその一つ。型を作ることなく、データから再現しています。

丸や三角の形のカード、あるいは、お持ちのキャラクターのシルエット等でも再現できます。

新商品開発のご相談、ワークショップでのご活用、「き/ざ/む 紙刺繍カード」とのコラボレーション等、何か気になった方はお問い合わせください。