「き/ざ/む」FAQ|販促EXPOより

2018年7月4~6日、東京ビッグサイトで行われた販促EXPOに、レーザー加工技術による製品「き/ざ/む」のラインナップを展示させていただきました。

その会期中、当社スタッフがご来場いただいた皆さまからお受けしたご質問について、いくつかご紹介させていただきます。

レーザー加工による超微細な切り抜き製品の紹介はこちらをご覧ください



最小ロットはどのくらいですか?

制作物のサイズにより異なりますが、1つからでもお受けできます。
ロットは1,000~2,000程度を想定していますが、それ以上の数量についても対応は可能です。まずはご相談ください。



納期はどれくらいですか?

加工データ確定後、納品まで2~3週間いただきます。
試作品をテストする時間も必要ですので、納期には余裕のあるお時間を設定いただくことを推奨いたします。



レーザー加工って紙が焦げないの?

材質により多少の焦げが発生する場合がありますが、当社では、焦げつきの発生が最小限になるように素材と加工方法について工夫させていただいております。



この加工技術はどんな使い方がありますか?

お客様の新商品開発や店舗装飾等にご相談いただくことが多いです。
また、日本の繊細な技術を表現するものとして、訪日外国人向けの商品開発にもご利用いただけます。



オリジナルのデザインはできますか

もちろん可能です。
お客様からリクエストをいただき、当社にてデザインを提供することも、お客様からのデータ入稿いただくこともどちらも承ります。
型を必要としないので、バリエーションをつけた試作品も製作可能です。

日本国内で加工しますので、きめ細かいご要望にも対応いたします。



デザインから印刷、加工までできますか?

自社によるデザインから印刷、加工まで一貫生産にて対応させていただきます。
印刷は、金色や銀色といった特色の他に、濃色紙に白色を使った印刷(メタプリ)にも対応しています。




付加価値のある商品をお考えの皆さま、こんなことに使ってみたい、こんなことはできないかというご要望でも構いませんので、ぜひお問い合わせください。