古写真使い放題!|デザインに便利なパブリックドメインを漁れ!

明けましておめデザイン(爆笑)。#こちら台東企画研究所のDIPです。


皆さまをイラつかせた所で、今回は古写真(パブリックドメイン)を色々デザインしたり加工したりして遊んでみました。正月とか一切関係ありません。


パブリックドメインとは、知的財産権が無い状態の著作物や発明。つまり誰のものでもないので、自由に使えるということです※。昨年1月からですが、ニューヨーク公共図書館ではウェブサイト上のデジタルコレクションにて、一部画像をパブリックドメインとして公開しており、その中には多数の貴重な古写真も含まれているのです。

※自由といっても人格権や所有権を侵害するような使い方は普通に罰せられますのでご注意を。


ニューヨーク公共図書館_デジタルコレクション


古写真はイメージ作りに便利なのですが、素材屋には物が少なく、図書館の所蔵データは使用規定が厳しかったり、申請が面倒だったりしてとにかく大変です。しかし、ここに公開されている画像は加工、印刷もできる高解像度データを簡単にダウンロード出来ます。

ダウンロードの仕方はデジタルコレクションの検索窓をクリックすると出てくる「search only public domein materials」にチェックを入れて検索するだけ!事務処理一切なし!


キーワード検索する際はもちろん英語で。




例えばこんな良い雰囲気の画像も

トリミング+色調変換してモダンアートっぽくしたり

コラージュ+切り抜きでデザインロゴにしたり

はたまた、画像内に登場させちゃったり

色んな加工で使い放題、載せ放題というわけです。

写真以外でもイラストや小説なども公開されているので、古風な画像素材を探すときは、一度閲覧してみることをお勧めしますよ。

以上、#こちら台東企画研究所からDIPでした。




画像:ニューヨーク公共図書館_デジタルコレクション