繊細!二十四節気七十二候オブジェとマーメイド~「き/ざ/む」2020プレビュー

圧巻! 72種類の繊細な季節のオブジェ

細やかな季節の移ろいを表す名称として、二十四節気(にじゅうしせっき)があります。半月ごとの季節の変化を表す区切りの日として、立春、雨水、啓蟄、春分・・・と24の季節に相応しい名がつけられています。


また、この二十四節気をさらに約5日おきに分けて、気象や動植物の変化を知らせているのが七十二候(しちじゅうにこう)です。


季節の移り変わりを感じにくい最近の人々の生活となっていますが、自然の声に耳を傾けて・・・そんな穏やかな時間も大切にしたいものです。

今回私どもが出展いたしますインターナショナル プレミアム・インセンティブショーでのブースにおいて、この二十四節気七十二候を切り絵の加工で表現した短冊状のオブジェを展示します。



春分の頃に春雷を「雷乃発声 (かみなりすなわちこえをはっす)」等と表現した気候の繊細な変化や、立春の頃に山里で鶯が鳴き始める様子を「黄鶯睍睆 (うぐいすなく)」等と表現した動植物の動きを、72種類の繊細な切り絵にして吊り下げられた姿は圧巻です。




リニューアルマーメイド×二十四節気

リニューアルマーメイド・・・といっても人魚を刷新したわけではありません。


昨年カラーラインナップをリニューアルしたファインペーパーのマーメイドです。


この紙は波模様をもち、「マーメイドリップル」・・・人魚の住む海のさざ波をイメージしていることからこの名称がつけられたとのことです。



昨年のリニューアルで新色が30色、全60色もある鮮やかで細やかな表現を実現できる紙です。


先に書きましたオブジェの素材として、60色あるマーメイドの中から、24色の紙を選択して、二十四節気を表現しています。

繊細な色表現と繊細な切り絵加工のコラボをぜひご覧になってください。


インターナショナル プレミアム・インセンティブショーの詳細はこちらでご確認ください。

小間番号は3階の「3018」の『き/ざ/む』です。